ニュースリリース

賃貸経営をお考えのオーナー様へ!

賃貸経営をお考えのオーナー様へ!

新型コロナの影響で、世界が混乱し世界恐慌の恐れすら出て来ました。

日本は、この時代を乗り切ろうと、国債を大量に発行して、安倍総理は、世界に対抗した経済対策や助成金を出そうとしています。

しかし、金利は上がらないし、貯金も増えない、お金事態の価値も危うくなる昨今です。

そこで、こんなコロナの時期でも、平時と変わらない企業があります。全く景気に左右されない、逆に世の中がおかしくなった時にも需要が増える会社が『メイクホーム』です。公共機関から、住宅確保要配慮者支援企業の認定を受け、生活保護、高齢者、障害者、母子家庭、外国人、低年金、DV被害者、震災被害者などのお部屋探し、引越業務、債務保証保険加入、見守りサポート、生活支援を行政からの委任を受けて、ワンストップサービスする会社です。

資産運用、相続税対策、親の代からのアバーと継承など理由は何でも構いません。マンション、アパート、戸建を所有する方、ローンで購入する方、新たにオーナーになる方は、社会貢献をしながら、賃貸経営をして同時に節税も行い景気に左右されない、事業を行って下さい。大手不動産屋、ゼネコン、ハウスメーカーに騙されて、高額なアパートをむりやり建築し、サブリースで借り上げられ、莫大な債務だけがのこる営業が横行しています。サブリースと言っても分厚い契約書の中身は、建築側の有利な事が羅列され、アパートが経年劣化した頃には、空き家(空室)が増えて、大変な事態になります。

『メイクホーム』の賃貸経営は、生活弱者を受け入れするために、ほとんど空室にならないシステムです。サブリースだと家賃の約20%が差し引かれます。当社なら家賃の3%を管理費として、預かり家賃から差し引くだけです。満室経営の確率が高いから、空室の部屋には管理費はかかりません。サブリースとの支払い差額17%がオーナー様の利益に直結します。クレーム処理はもちろん一切の管理業務は、当社に丸投げして下さい。

こんな時期だからこそ、資産運用のアパート経営をご検討下さい。当社の物件オーナーは、89%がサラリーマンで、銀行からの借入で初めのアパートや戸建を購入され、賃貸経営をスタートして、平均4.3件の賃貸物件お持ちです。私から見ると悠々自適な生活を過ごされてます。

当社は、人を助ける為に作った会社です。社会貢献型の賃貸経営オーナー様が日本で1人でも増えて、生活弱者の方々が住める住居が増える事を心から願っています。現在常に、空室の数より、入居希望者の方が多く、入居待ちでお困りの方々が沢山います。オーナー様の賃貸物件を当社に任せて下さい。ご来店頂きましたら、私、メイクグループ会長の石原幸一がシステムとサービスの概要をお話致します。誠に申し訳ありませんが、管理営業のスタッフは、当社には1人もいません。オーナーに足を運んで頂き、当社の経営理念に合意頂いた方の賃貸物件を管理させて頂いております。管理エリアは、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県となります。

 

メイクホーム株式会社 担当◆石原 幸一

【エース・リアルエステート】

【エース引越サービス】

【合同会社緊急連絡先協会】

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-4-11 パルローヤル1F

Tel:03-5856-0557

ホームページ→https://makehome.jp/bukken/